【レビュー】ナイキ ダンク SB ロー “ウィート”が秋冬コーデに最高!サイズ感など

NIKE SB DUNK LOW Wheat BQ6817-204(ナイキSB ダンク ロー ”ウィート”)

かつて……また現在、ナイキのスケートボード用ブランド「NIKE SB(ナイキ スケートボーディング)」ブランドを牽引し、一時はキングオブスニーカー「ナイキ エアジョーダン1」と並んで入手困難となっていたスニーカー「NIKE SB DUNK Low(ナイキSB ダンク ロー)」

そんなナイキ SB ダンクの中で秋冬シーズンに最高の一足「NIKE SB DUNK LOW Wheat BQ6817-204(ナイキSB ダンク ロー ”ウィート”)」をレビュー!

こんな人にオススメ
  • ダンクSB ウィートの実物の素材感を知りたい
  • ダンクSB ウィートの実物のカラーを知りたい
  • サイズ感を知りたい
  • 履き心地を知りたい

「NIKE SB DUNK LOW Wheat BQ6817-204」をレビュー!

NIKE SB DUNK LOW Wheat BQ6817-204(ナイキSB ダンク ロー ”ウィート”)

発売時には争奪戦が繰り広げられるほどの人気を誇り、(販売する)多くのショップで抽選販売という形がとられている「NIKE SB DUNK Low(ナイキSB ダンク ロー)」。

2020年2月に発売された(2023年11月13日~に待望の再販)今作「NIKE SB DUNK LOW Wheat BQ6817-204(ナイキSB ダンク ロー ”ウィート”)」も多くのショップで抽選販売となっていた。

筆者は奇跡的にスケートショップの抽選に当たり、手に入れることができた。

個人的に数あるダンクSBの中でもトップクラスに好みのモデルだっただけに喜びもひとしおだったのだが……と、この記事を書いていて恐ろしい事実に気づく。

実は筆者の所有しているものは2023年11月の再販分ではなく、2020年2月に購入したもの。

これ以降もスケートショップの抽選に数え切れないほど応募しているのだが、一足も当たっていないっ……!

つまり3年以上当たっていないのだ……(当然ながら2023年11月にリリースされたタイトブースコラボのダンクSBも外れた)。

そんな筆者にとって唯一無二のダンクSB「NIKE SB DUNK LOW Wheat BQ6817-204(ナイキSB ダンク ロー ”ウィート”)」のディテールを見ていこう。

NIKE SB DUNK LOW Wheatのアッパー

NIKE SB DUNK LOW Wheat BQ6817-204(ナイキSB ダンク ロー ”ウィート”)

1985年にバスケットボールシューズとして生まれ、後にサンディ・ボーデッカーの英断によってスケートボードシューズへと変貌を遂げた「NIKE SB DUNK(ナイキ ダンクSB)」。

そんなダンクSB「NIKE SB DUNK LOW Wheat BQ6817-204(ナイキSB ダンク ロー ”ウィート”)」のアッパーのメインマテリアルには、滑らかながらマテリアルの特性といえる起毛感を感じさせるスエードを採用。

メインカラーには今作を象徴するカラーとなる”ウィート”を配色。

レザーのダンクSBも好きだけど、このスエードとウィートのコンビネーションを見ると、やはりダンクSBはスエードだなという気持ちにさせられる。

NIKE SB DUNK LOW Wheat BQ6817-204(ナイキSB ダンク ロー ”ウィート”)

シュータン、ライニングにはスエードではなく、メッシュ素材が採用され、カラーもウィートよりも若干濃いキャラメルのようなカラーが配色されている。

NIKE SB DUNK LOW Wheat BQ6817-204(ナイキSB ダンク ロー ”ウィート”)のシュータン

シュータンはナイキSBブランド、スケートボーディング仕様のダンクということもあり、オリジナルのダンクよりも肉厚な通称「厚タン」仕様となっている。

またライニングもやや肉厚で弾力を感じさせる。

シュータンのラベルにはNIKE SBのロゴを採用。

NIKE SB DUNK LOW Wheat BQ6817-204(ナイキSB ダンク ロー ”ウィート”)のインソール

インソールもオリジナルのダンクとは違い、単品販売を希望する声が出るほど評価の高い「Zoom Air(ズームエア)が搭載されたインソール」が採用されている。

NIKE SB DUNK LOW Wheat BQ6817-204(ナイキSB ダンク ロー ”ウィート”) NIKE SB DUNK LOW Wheat BQ6817-204(ナイキSB ダンク ロー ”ウィート”)のヒールロゴ

ヒールにはNIKEのロゴが、シュータンのNIKE SBのロゴと共にチョコレートを彷彿とさせるようなバロックブラウンカラーで刺繍されている。

シュータン、ライニングと同じくキャラメルのようなカラーが採用されたシューレースは、平紐よりもボリューム感のあるオーバルタイプのシューレースが用いられている。

そんなシューレース、肉厚のシュータン、ライニングによって、オリジナルのダンクよりもボリューム感を抱かせる一足となっている。

NIKE SB DUNK LOW Wheatのソール

NIKE SB DUNK LOW Wheat BQ6817-204(ナイキSB ダンク ロー ”ウィート”)のバロックブラウン採用のミッドソール

ウィートをまとったアッパーに対して、ミッドソールにはチョコレートのような濃厚なバロックブラウンを配色。

NIKE SB DUNK LOW Wheat BQ6817-204(ナイキSB ダンク ロー ”ウィート”)のガムソール採用のアウトソール

アウトソールにはみんな大好きガムソールが採用されている。

もう完璧と言ってもいい配色ではないだろうか?

ミッドソールがアッパーと同色であれば印象がぼやけただろうし、白であれば軽い印象になっていただろう。

もう1度言うければ完璧と言っていい配色ではないだろうか?

「NIKE SB DUNK LOW Wheat BQ6817-204(ナイキSB ダンク ロー ”ウィート”)」はコラボモデルのような凝ったデザインではないが、個人的にはダンクSBの中でもトップクラスの美色の一足に仕上がっていると思う。

スペックと付属品

NIKE SB DUNK LOW Wheat BQ6817-204(ナイキSB ダンク ロー ”ウィート”)の替え紐

ミッドソールに採用されているバロックブラウンライクな濃いブラウンのシューレースが替え紐として付属している。

NIKE SB DUNK LOW Wheat BQ6817-204(ナイキSB ダンク ロー ”ウィート”)のボックス

NIKE SB DUNK LOW Wheat BQ6817-204(ナイキSB ダンク ロー ”ウィート”)

商品名 NIKE SB DUNK LOW ”Wheat”
カラー WHEAT/WHEAT-BAROQUE BROWN-GUM
スタイルコード BQ6817-204
価格 11,000円(+税)、14,000円(+税)
発売日 2020年2月6日、2023年11月13日~18日

秋冬のコーデに最高のカラーの一足

NIKE SB DUNK LOW Wheat BQ6817-204(ナイキSB ダンク ロー ”ウィート”)

紅葉に染まる秋と相性抜群のアースカラーをまとった「NIKE SB DUNK LOW Wheat BQ6817-204(ナイキSB ダンク ロー ”ウィート”)」。

そんな秋だけでなく、ブラックや(ダーク)ネイビーなどダークカラーがメインとなり、重くなりがちな冬のコーデに暖かみとアクセントをプラスしてくれる一足だ。

またメインマテリアルに採用されているスエードも、通年履けるマテリアルではあるものの、どちらかというと秋冬シーズンに相性の良いマテリアルである点も秋冬コーデにGOOD!

ナイキSB ダンク ロー ウィートのサイズ感

「NIKE SB DUNK LOW Wheat BQ6817-204(ナイキSB ダンク ロー ”ウィート”)」のサイズ感だが、同サイズのオリジナルのダンクやエアフォース1 ローに比べるとフィット感は強く感じる。

これは厚タンと呼ばれるシュータンとライニングに厚みがあることが要因となっている。

ではサイズを上げるべきか?

強いフィット感が苦手な人やエアフォース1 ローをジャストサイズで履いている人ならハーフサイズ~アップしても良いかもしれない。

レビューまとめ

ダンクSBに個人的に大好きなブラウン系カラーでまとめられたカラーリング。

言うことなし……唯一あるとすれば入手性だろうか。

今作はプロスケーターをはじめとした有名人やショップなどとのコラボモデルではないため、人気や入手性はそれら人気モデルに比べると高くはないが、いつでも購入できるわけではない。

それが唯一の不満点となるだろうか。

多くの人が買えたっぽい(SNKRSの)再販分でさえも筆者は外れたというね……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA